新日本歩く道紀行100選シリーズ

 

新日本歩く道紀行100選 選考委員会 名誉顧問 石原 信雄

新日本歩く道紀行100選
選考委員会
名誉顧問 石原 信雄

日本には、独自の文化、芸術、歴史と共に美しい自然があります。

そこに人がかかわって生きております。そして人が生きるところに道があります。
道は各々の地域を結び人の往来は勿論のこと、物の交流も伴って我が国の発展にかかわって参りました。
今回新たな視点から道を見直し、観光資源、健康資源として歩くことで観えてくる。また、歩くことで健康になる。そして、地域の活力にも役立てることを意図いたしまして、「新日本歩く道紀行100選シリーズ」委員会を発足致しました。
自治体におかれましても、また、道にかかわる諸々の関係団体におかれましても、是非ともこの主旨に賛同をお願いすると共に、多くの道をご推薦くださいますようご案内申し上げます。

 

 

 

新日本歩く道紀行100選シリーズ/歩いておきたい1000の道

 

1.地域の資源として選ばれた道を歩くアウトドアツーリズムを促進する事によって
  地域の活力を創出することを目的とする。

2.日本の自然・国土の再認識と道の再発見を行い、未来に伝える道の資産づくりを目指す。

3.アウトドアスポーツウォーキングとしてのツーリズムを発展させ、健康づくりと
  国内外の観光促進を伴った地域経済の活性化に寄与する。

4.歩くことにより活力ある健康寿命の延伸に貢献する。

 

100senkouka

経済効果を伴ったアウトドアツーリズムウォーク

 

アウトドアスポーツとしてのウォーキングツーリズムは今後ますますその市場が拡大します。「地域の道の旅」は、観光のみにとどまらず、地域の歴史・文化、産物など歩くことで観え、歩くことで学ぶなど、より多くの経済効果が期待できます。

 

健康活力寿命を延ばす機会の増進

 

歩く機能は人間の健康づくりに役立つことは既に知られています。一歩の健康価値を高めることができる「新日本歩く道紀行」に登録いただき、多くの人に健康寿命の延伸を、そして何よりも地域や人との触れ合いによる思い出づくりという心の健康づくりに貢献していきます。

 

道を歩く旅は地域活動をPRします。

◆ウォーキングウェブサイトでPR

独自のウェブサイト(Walkers Style)において、新日本歩く道紀行シリーズを中心として
地域の観光促進、地域の産業・物産等をPRします。

◆独自のウォーキングツーリズム企画で地域を応援

大手旅行代理店等との連携により、四季を通じてアウトドアツーリングウォークを独自に企画し
3,020万人のウォーカーにアプローチいたします。(4つのウォーキングスタイル)

◆メディアとの連携・協力

大手新聞社と連携・協力し、新日本の歩く道100選とウォーキングツーリズムをPRします。